【予算別】3万円でも大丈夫?ディズニー旅行を楽しむポイント!

ディズニー 予算 3万円

ディズニー旅行といえば園内での食事やチケット代などでかなりお金がかかってしまうイメージを持っている人もいますが、3万円(交通費は別で)あれば十分に満喫することができます。

ここではそんなディズニー旅行を3万円で思う存分楽しむためのポイントを予算の観点からご紹介します。

一人3万円でディズニー旅行を楽しむためには?

1一人当たり3万円あれば日数にもよりますが、使い方次第で思う存分ディズニー旅行を楽しむことができます。ここからは実際に3万円で楽しむための予算の配分をご紹介します。

日帰り旅行の場合

日帰りで予算が3万円あるのであれば、それはもう豪華なディズニー旅行を楽しむことができます。

当日の予算の配分は次のように考えておくといいでしょう。

3万円の使い道:7,400円(パスポート代)+レストラン代(12,000円)+食べ歩き代(4,500円)+6,100円(お土産代)

パスポート代は1デーパスポートが大人で7,400円するのでこちらは削ることができない出費です。

レストランは12,000円あれば朝と昼はカウンターサービスタイプのレストランで食べて、ディナーをコース料理にすることもできます。12,000円あれば3食とも豪華な食事を楽しむことができます。

食べ歩きの4,500円の中にはポップコーンバケットの購入金額も含んでいます。それを抜いても2,000円以上あるので、ポップコーンやアイスを食べても十分な金額を確保することができます。

お土産は友達や同僚、自分用に買うものも含めて残りの6,100円で賄うことができるでしょう。

1泊2日の場合

次に1泊2日を30,000円で楽しむための予算の配分です。

3万円の使い道:13,200円(パスポート代)+9,000円(レストラン代)+1,500円(食べ歩き代)+1,300円(お土産代)+5,000円(宿泊費)

1泊2日となると宿泊費も入ってくるので1日の時と比べて少しレストランや食べ歩きなどで使える金額が少なくなります。

それでも2日間ともディズニーで遊ぶことができますし、レストランでも使い方によってはスペシャルセットなども頼むことができるので、十分に美味しいお食事を楽しむことができます。

宿泊費はホテルの場所や時期によって大きく変わってくるため、最安値の参考価格として考えておいてください。

2泊3日の場合

3万円じゃ2泊3日は厳しいだろうと思っているあなた!もちろんいろいろと制約は出てきますが、それでもディズニーを楽しむことができるのです!

3万円の使い道:13,200円(パスポート代)+9,300円(レストラン代)+1,500円(食べ歩き代)+6,000円(宿泊費)

まずは前提条件としてディズニーに入るのは3日間のうちの2日間です。1日は移動や周辺の観光に充てて、残りの二日間でディズニーを思う存分満喫していきます。

レストラン代は1食あたり1,000円程度の計算ですが、ディズニーの外で使う食事代を抑えることができればその分多く使うことができます。1食あたり1,000円でもディズニーシーの「セバスチャンのカリプソキッチン」ではポテトやドリンクがセットになったスペシャルセットを頼むことができますし、ディズニーランドの「ハングリーベアレストラン」ではポークカツカレーを注文することもできます。

レストランも場所を選べば1,000円でも十分にお腹を満たす食事を楽しむことができるのです。

そして3万円の使い道の中でも一番重要なのが宿泊費の6,000円です。ディズニーリゾートからは少し離れてしまいますが、2泊6,000円で宿泊することができるホテルも近場にあるのでそのような場所を利用するようにしましょう。

2泊6,000円で宿泊できるホテルはココ

ここまで3万円の予算でディズニー旅行を楽しむための方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

もしかすると日数によってはさすがに厳しいと感じたかもしれませんが、1日間や1泊2日であれば十分にディズニーリゾートを満喫することができます。

それでも、やっぱり2泊3日で3万円で楽しみたい!というのであれば2泊で6,000円で泊まれるホテルがおすすめです。

ディズニーリゾートの最寄り駅である舞浜までは3駅と非常に近く、駅からホテルまでも徒歩2~3分と近いのでディズニーに訪れる人も多く利用しています。

日付によってはどうしても高くなってしまいますが、運よく巡り合えたらぜひ利用しましょう。

ディズニートラベルがおすすめする宿泊予約サイト3選

ディズニートラベルではディズニーリゾートへの宿泊の際にお得に泊まれる宿泊予約サイトをご紹介しています。

ネットならではの割引やポイントも貯まるので次回以降の宿泊にも便利です。

通常料金から半額以下といったプランもあり場合によっては数万円違うこともあるので、浮いたお金でパスポートを買えてしまうかも!

宿泊費で損をする前に一度チェックしておきましょう。