0歳児でも安心!子育て世代にやさしいディズニーの人気ホテル!

少し大きくなって外出も問題なくできるようになったらディズニーに連れて行きたい。ディズニーデビューをさせたいと思うことも多くなりますよね。

0歳児ともなれば近場のホテルに泊まってゆっくりとディズニーを満喫したいものです。ただ、ディズニーの周辺ってたくさんのホテルがあってどこが良いか選ぶのに迷ってしまいますよね。

ここでは、そんな0歳児の赤ちゃんのディズニーデビューを後押ししてくれる子育て世代に優しい人気のホテルをご紹介します!

0歳児でも安心なホテルの3つのポイント

小さな子供の中でも成長の著しい0歳児にはホテル選びにいくつかの注意すべきポイントがあります。

同じ0歳児であっても生後4ヶ月と10ヶ月では必要なものも変わってきます。その辺りに注意しながらホテル選びのポイントを見ていきましょう。

ベビー用品の貸出

一つ目のポイントはベビー用品の貸出です。大人であれば着替えなど最低限のものがあれば宿泊もできますが、0歳児だとそうはいきませんよね。

中でも替えた後のおむつを入れるバケツであったり赤ちゃんを寝かせるベビーベッドであったりといったかさばるものはどうしても持っていくことは難しいです。

そんなときに便利なのがベビー用品の貸出です。できるだけ持っていく荷物を減らすためにもベビー用品の貸出があるかないかは見ておいた方が良いでしょう。

洗い場付きのお風呂

お風呂も0歳児と宿泊するときには大切なポイントです。バストイレが一緒のユニットバスだと洗うスペースもないため必ず洗い場付きのバスルームがある部屋を選ぶようにするといいでしょう。

ディズニーリゾート周辺のホテルの中にはバストイレが一緒の部屋もいくつかあるためホテル選びの際には注意が必要です。

広々としたフラットなスペース

どの月齢の赤ちゃんであっても広々としたスペースは気持ちのいいものです。特にハイハイを始めたような赤ちゃんであれば広々としたスペースで遊べるのは嬉しいですよね。

特にディズニーリゾートに遊びにいったり長距離のドライブ後であればチャイルドシートやベビーカーなどの狭い空間で長時間いた赤ちゃんにとって、広々としたスペースは幸せそのものです。

赤ちゃんのためにも遊べるような空間を確保してあげられると良いですね。

0歳児でも安心の人気ホテルはココ!

ホテルエミオン東京ベイ和洋室B

ここまでホテル選びのポイントを3つご紹介してきましたが、ここからはそのポイントを満たす0歳児の赤ちゃん連れ家族に人気のホテルをご紹介します。

そのホテルというのが東京ディズニーリゾートのパートナーホテルでもあるホテルエミオン東京ベイです。その中でも和洋室のお部屋は人気の高い客室です。

ベビーベッドやおむつバケツの貸出

ホテルエミオン東京ベイでは次の通りベビー用品の貸出(無料)を行っています。

ベビーベッド
ベッドガード
補助便座(子便座)
おねしょパット
オムツ処理バケツ
アイスノン
体温計
ベビーカー

0歳児に必要なものは一通り無料でレンタルすることができるので、大荷物にならずにディズニーデビューを楽しむことができますよね。

家族揃って入れる大きなお風呂

ホテルエミオン東京ベイ和洋室Bバスルーム

和洋室のお部屋には広々とした洗い場付きのバスルームがあり、3人家族であれば揃って一緒にお風呂に入ることができますよ。

お風呂も5分もあればたまるので赤ちゃんがぐずりだしてもすぐに入れることもできますし、水圧も調節の幅が広いので優しい水流で赤ちゃんの体を洗うことができます。

和室でのびのびお遊びタイム

ホテルエミオン東京ベイ和洋室B和室

和洋室のお部屋には通常のツインベッドのある洋室のほかに6帖ほどの広さの和室があります。

和室は扉で仕切ることができるので赤ちゃんが寝付いた後でも洋室でゆっくりテレビを見ながら夫婦の時間を満喫することができます。

お部屋によってはディズニーリゾートの花火も見ることができるので夜はゆっくり大人の時間を楽しむことができますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?ホテルエミオン東京ベイは東京ディズニーリゾートへのアクセスもよく、和洋室以外にも客室のバリエーションも豊富なのでアナタに合ったピッタリの1室を見つけることができるでしょう。

ベビー用品の貸出やホテル2階にはコンビニもあるので子育て世代のファミリーにも便利なものがいっぱい詰まった安心して宿泊できるホテルなのです。

当日もOK!さらにお得に宿泊予約するならこちら
宿泊当日まで時間がないからといって直接電話で予約を済ませてはいませんか?

ネット予約であれば当日でも予約ができるので、「宿泊当日まで時間がない!」という方にもおすすめ。

ネットならではの割引やポイントも貯まるので次回以降の宿泊にも便利です。通常料金から半額以下といったこともあり場合によっては数万円違うこともあるので、浮いたお金でパスポートを買えてしまうかも!

宿泊費で損をする前に一度チェックしておきましょう。