4人家族でのディズニー旅行となると一家にとっての一大イベントですよね。ただ初めて行く、あまり慣れていないといった家族にとってはどこにどのくらいの費用がかかるのか分かりませんよね。

こちらではそんな家族のために4人家族でディズニー旅行に行くとかかる費用を分かりやすく例を出してご紹介します。

4人家族でディズニー旅行に行くとかかる費用の総額は?

4人家族でディズニー旅行に行くと交通機関や宿泊するホテルによっても費用は異なりますが、こちらでは4人家族(大人二人と小学生二人)が飛行機利用で2泊3日のディズニー旅行をしたときの費用を算出しています。

飛行機利用で4人家族がディズニー2泊3日旅行をした場合、総額で352,920円がかかります。※あくまで一例です

ここからは実際に何にいくらくらいの費用がかかるのかを詳しくみていきましょう。

交通費

飛行機100,000円+バス代5,120円

地方からのディズニー旅行の場合に一番費用がかかる部分が交通費です。ほとんどの場合どの空港からも東京への飛行機はでていますが、片道あたりおおよそ5万円程度で計算をしています。時期によってはこの金額よりも高くなったり、低くなったりしますが少しでも安く抑えたいのであればできるだけ早い段階で予約をすると早割などのプランを適用できるのでオススメです。

羽田空港に着いたらディズニーまではバスでの移動がオススメで、その理由は運賃の安さと便利さにあります。運賃は電車とほとんど変わらない料金で、乗り換えのルートによってはむしろ電車よりも安くディズニーに行く事ができます。また、バスであれば荷物を荷室に預ける事ができるので電車で大荷物を運んで移動する必要がないのも便利です。

パスポート代

3デーマジックパスポート59,800円(大人1名18,100円、小人一人当たり11,800円)

3デーマジックパスポートは1日目ディズニーランド、2日目ディズニーシー、3日目両パークなど3日間をディズニーのパークで過ごせるパスポートです。1日目2日目はどちらかのパークになりますが、3日目は両パークを行き来する事ができます。

3日間あれば両パークで1日目2日目で乗りそびれてしまったアトラクションがあっても、3日目で両パークに行く事ができるので時間を有効に使う事ができます。

食費

48,000円

食費については一人一食あたり1,500円で計算をしています。初日の朝は抜いてそれ以外の計8回分で食費の計算をしています。

ディズニーランドやディズニーシーではレストランや提供される料理によって値段はまちまちですが、1食あたり1,500円ほどあれば充分に美味しい料理を楽しむ事ができます。

お土産代

40,000円

東京ディズニーリゾートではバリエーション豊かな魅力溢れるお土産が販売されています。子供から大人まで人気のダッフィーやシェリーメイといったぬいぐるみから、友達に配る事ができる個包装のお菓子まで選び尽くせないほどのお土産があります。

一人当たり1万円ほどあればダッフィーのSサイズとポップコーンバケット、自分用のお菓子を購入するなど充分にお買い物を楽しむ事ができます。

宿泊費

100,000円

オフィシャルホテルの東京ベイ舞浜ホテルに3連休の日程で2泊した時の金額を参考に算出しています。東京ディズニーリゾートにはディズニーホテルとオフィシャルホテル、隣の新浦安エリアにはパートナーホテルがありますがそれぞれ料金も異なるため予算や好みに応じてホテル選びをしましょう。

ディズニー旅行の費用を抑えるためのかんたんテクニック

4人家族で飛行機を使ってディズニー旅行を行う場合は主に次の費用がかかってきます。

飛行機代+パスポート代+食費+お土産代+宿泊費

この中でも特に大きな割合を占めるのが飛行機代と宿泊費です。しかし飛行機代や宿泊費については選ぶ時間やホテルによっては金額に大きな差が出るため、少しでも安く抑えたいといった場合は個別に選ぶのがオススメです。

飛行機については空港によって様々な航空会社が乗り入れていますが、多くの場合早割のプランがあるためディズニー旅行の日程が決まったら早めに航空券をおさえるようにしましょう。

またホテルについては宿泊予約サイトを活用してとる事ができます。ディズニーリゾートの周辺であればパートナーホテルが比較的リーズナブルで、両パークへの無料のシャトルバスがでているので便利に宿泊する事ができますよ。

当日もOK!さらにお得に宿泊予約するならこちら
宿泊当日まで時間がないからといって直接電話で予約を済ませてはいませんか?

ネット予約であれば当日でも予約ができるので、「宿泊当日まで時間がない!」という方にもおすすめ。

ネットならではの割引やポイントも貯まるので次回以降の宿泊にも便利です。通常料金から半額以下といったこともあり場合によっては数万円違うこともあるので、浮いたお金でパスポートを買えてしまうかも!

宿泊費で損をする前に一度チェックしておきましょう。