卒業旅行といえば学生にとっての一大イベントです。そんな一生に一度の思い出作りの旅行に、ディズニーランドやディズニーシーを選択する人もいることでしょう。

夢や冒険が溢れる東京ディズニーリゾートですが、卒業旅行にはいったいどれくらいの予算が必要なのか。パスポート代や宿泊代など必要な出費を分かりやすくまとめました。

ディズニーの卒業旅行に必要な予算

学生 卒業旅行 予算

ディズニーの卒業旅行にはそこまでの移動費だけでなく、遠方からの旅行であれば宿泊代も必要になりますし、入園のためのパスポート代なども必要になります。

どのくらいのお金を用意すればいいのかを知って、しっかりと準備をしていきましょう。

パスポート代

ディズニーランドやディズニーシーに入園するためには、パスポート代金が必要になります。パスポートにはいくつか種類がありますが、その中でもとくに卒業旅行で選ばれる種類をピックアップしてご紹介します。

1デーパスポート 7,400円(大人)、6,400円(中学・高校生)
2デーパスポート 13,200円(大人)、11,600円(中学・高校生)
3デーマジックパスポート 17,800円(大人)、15,500円(中学・高校生)
2デーパスポートスペシャル 14,800円(大人)、12,800円(中学・高校生)

それぞれのパスポートの違いは次の通りです。


1デーパスポート:1日のみ入園可能なパスポート

2デーパスポート:2日間入園可能なパスポート(各日どちらかのパークのみ)

3デーマジックパスポート:3日間入園可能なパスポート(2日目までは各日どちらかのパークのみ、3日目は両パーク行き来が可能)

2デーパスポートスペシャル:2日間入園可能なパスポート(各日両パークの行き来が可能)


 

卒業旅行でディズニーに遊びに行く場合は宿泊を伴う場合が多いため、目いっぱい遊べる2デーや3デーパスポートが人気です。

特にスペシャルパスポートは初日から両パークを楽しむことができるため、1日目からディズニーランドとディズニーシーを両方楽しみたいという場合にはオススメです。

食費・お土産代

パスポートのほかに園内でかかるものといえば食費やお土産代です。園内にはレストランのほかにワゴンなどもあるため、3食の食事だけでなく食べ歩きなどの楽しみ方もあります。

園内でも平均的な価格のレストランでセット料理を頼むのであれば、1食あたり2,000円ほどあれば十分です。そこにポップコーンやアイス、ドリンクなどを購入しても1日8,000円ほどあれば十分に楽しむことができます。

お土産はお菓子などにすると配る人数が多くても比較的安く済ませることができますし、仲のいい友達であればセットになったストラップなどを選ぶと喜ばれます。

宿泊代

パークの外でかかるもので一番負担が大きなものは宿泊代金です。ディズニーホテルは得人気の高いホテルですが、その分宿泊代金も高くなります。ディズニーランドやディズニーシーの周辺にはディズニーホテルを始めオフィシャルホテルやパートナーホテルなどがありますが、どうせならディズニーを感じられるホテルに泊まりたいですよね。

ディズニーホテルやオフィシャルホテルに宿泊する場合は泊まる人数や部屋によっても金額は変わりますが、1室あたり30,000円ほどあれば良いホテルに泊まることができます。

ディズニーの卒業旅行にかかるコストの合計

東京ディズニーリゾートの卒業旅行を楽しみたいのであれば、2泊3日の場合は交通費を除いて少なくとも8万円ほどは用意しておいたほうが良いでしょう。

宿泊費は人数によっても金額が変わってきますが、8万円あれば十分にディズニーの旅行を楽しむことができます。

予算を安く抑える方法

ディズニーの卒業旅行の予算の中でも一番負担が大きくなるのは宿泊代金です。とはいえここはどうしても削ることはできないものですよね。

ですが、そんな宿泊料金を安く抑える方法があります。その方法というのが宿泊予約サイトを利用する方法です。それぞれのホテルが定めている通常料金よりも50%以上安くなる場合もあり、宿泊の予算を少しでも抑えたいのであればチェックしておくといいでしょう。

 

当日もOK!さらにお得に宿泊予約するならこちら
宿泊当日まで時間がないからといって直接電話で予約を済ませてはいませんか?

ネット予約であれば当日でも予約ができるので、「宿泊当日まで時間がない!」という方にもおすすめ。

ネットならではの割引やポイントも貯まるので次回以降の宿泊にも便利です。通常料金から半額以下といったこともあり場合によっては数万円違うこともあるので、浮いたお金でパスポートを買えてしまうかも!

宿泊費で損をする前に一度チェックしておきましょう。